既卒で就職できない人の対策

既卒で就職できない人には理由があります。まず日本は新卒がかなり有利な社会なのです、新卒も既卒本人の能力には全くといっていいほど差は有りませんが既卒の人の場合は新卒の時に就職できなかった落第者と言うイメージを持たれてしまいます。
またわずかではありますが新卒の人に比べると年齢が上です。この時点で新卒に差をつけられてしまっています。
実際に企業の中には既卒という理由だけで書類選考に落とすケースもあるくらいです。
しかし既卒だと絶対に就職できないのかと言うとそうとも限りません、新卒の時に就職できなかったのには必ず理由があります。その理由について知り改善していけばいい会社に就職することも可能です。
まず既卒の方は自分一人だけで就職活動をするのではなくサポートしてもらうようにしてください。例えば就職エージェントサービスを使うようにしましょう。利用すれば履歴書の添削もしてくれますし面接のシミュレーションもします。そして面接を受ける会社のあっせんもしてくれるのです。面接する会社は自分で決めるのでいいと思うかも知れませんがそれが失敗の理由の可能性もあります。
というのもエージェントのほうが自分に似合った会社を知っているからです。人それぞれの個性を見て沢山の人を就職に導いている人たちですので素直にアドバイスを聞いてみましょう。自分一人だけで活動すると独りよがりになりなかなか就職できません。
あと就職したい会社にあまりにもこだわりが強いと失敗の原因になります。なぜそのようなこだわりを持たなければいけないのか改めて考えてください。また大企業だけでなく中小企業にもいい企業がありますのでそちらにも注目してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *